最短で悩みが解消する早漏治療方法や金額などの詳細

最短で悩みが解消する早漏治療方法や金額などの詳細

最短で悩み解消!正直早漏治療にかかる費用は高い

単刀直入に言うと、早漏治療にかかる金額はどれも高いです。
例を挙げると、クリニックでは早漏注射、包茎手術などの治療が受けられますが、どの治療法でもだいたい50000円が最安値です。
また、治療薬で早漏に関して最もメジャーなダポキセチンを使用する治療薬は、毎回の性行為で必要ですが、相場は約一錠2400円。
そして市販の早漏改善用のオナホールは、五段階の刺激に分かれていて徐々に刺激に慣らしていく形式のもので合計23100円、一回につき約825円が最安値です。

ここまで説明した通り、どれも馬鹿にはできない金額です。
なので個人的には値段で見るのではなく、その人の状況や用途、安全性や機能性についてでどの治療法を活用するか決めた方がよいのではないかと考えます。
一応金額をかけず早漏治療する方法、寸止めや肛門を絞めて緩めるトレーニングなどがありますが、危険が伴うこともある上に効果はそこまで期待できないためおすすめしません。

最短で悩み解消!早漏治療の選び方

ではどう選べばいいのか。

まず、自分がどのような状況に置かれているか、継続的な治療ではなく一発ですぐに治したいという方にはクリニックをお勧めします。
治療薬は一時的な効果のものももありますし、オナホールは長い時間を要するからです。

次に安全性、こちらは治療薬をお勧めします。
ダポキセチンを使用した治療薬は多くの国で安全に使われたという実績があるので安心した使用が可能です。
一方でクリニックでは、治療後に様々な障害が生じる可能性、担当医師によっての技術、安全性の変異など安全性という観点では治療薬には劣ると思います。
オナホールは安全性が高いと思いますが、治療薬と比べるとなると信頼しにくくはあります。

最後にプライバシー、もちろん治療薬やオナホールは個人で使用ができるのでプライバシーに心配はほとんどありませんがクリニックはプライバシーの観点からみると少し心配だと思います。

このように、早漏治療では金額以外の項目でも重視してほしいです。

まとめ

早漏治療にはクリニック、治療薬、オナホールなど様々な治療法があるのだが、金額を見ると変わりはあるもののどれも結局高いです。
そのため金額以外の治療期間や安全性、信頼性、プライバシー保護などさまざまな項目に注視して治療法を選ぶのが大切です。
治療期間が短い方がいい人にはクリニックを、安全性を気にする人に治療薬をお勧めしますが、プライバシー保護を気にする方にクリニックはあまりおすすめしません。
以上最短で悩みが解決する早漏治療方法や金額の詳細でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。